結婚式の女性の服装を考える

結婚式に参加することが決まると、最初に悩むことは服装ではないでしょうか。
特に若い人などはあまり参加する機会もなく、学生の頃は学生服で参加できたこともあり、社会人になるとどのような服装にすればいいのか悩んでしまうでしょう。
男性はスーツでいいのですが、女性は特に困ってしまいます。
最も大切なこととしては、白いドレスは着て行かないことです。
白いドレスは新婦のドレスと同じになってしまうので主役を取ってしまうという意味があります。
だからといって全身を黒い服にしてしまうと、今度はお葬式を連想させてしまいます。
黒などの極端な色の選択のときは指し色を入れるようにします。
黒いドレスならストッキングや羽織ものを明るい色にするなど、華やかな雰囲気にすることを忘れないようにしましょう。

追加費用なしの明確なプランでお葬式
24時間365日の電話対応で急なご葬儀にも適切なプランをご紹介

悩ましい結婚祝いのプレゼント

親しい方が結婚されるとき、何かしらのプレゼントを送ることになると思います。
そのときどんなものを送ればよいのか非常に悩みますね。
親しい間柄であれば、ダイレクトに欲しい物を訊いたり、思い切って現金をあげるということもあるでしょう。
しかし、そこまで親しくない、かといって全くビジネスライクでもないような相手の場合が一番悩みます。
相手の趣味や年齢・性別など知る限りの情報を脳裏に描きながら探してみますが、なかなかピンと来るものにであえません。
そんなときにはギフトカタログから選んでもらうというのも案外有難がられます。
その他、こちらが出費できる金額の問題もあります。
銀行や調査機関の公表している一覧表などもあるので参考にしてみるのも一考でしょう。

最新記事

  • 結婚式に呼ばれたら嬉しいと思う反面、ご祝儀をどの程度包んだらいいのかと悩みます。
    基本的には、

    続きはこちら

  • 結婚式の電報は、式を欠席したときに送るお祝いのメッセージです。
    電報は披露宴の歓談中に読み上げ

    続きはこちら

  • 結婚式に参列する場合、どんな服を着ていこうか迷う人もいますがいくつかのマナーがあるので気を付けたいで

    続きはこちら